catch-img

減価償却の計算や情報管理が毎年大変・・・固定資産管理システムで業務をラクに!

申告書の作成・提出ももちろんですが、毎年固定資産毎に償却金額の計算や仕訳の作成を行うのも大変ですよね。Excelで独自に計算式を設定し管理していても、税制改正によりルールが変化し、作り直す必要があったり・・・。 そこで、固定資産管理システムを導入した場合に、どういった恩恵があるのかを簡単に紹介します。

記事を見る


catch-img

2021年1月末提出の法定調書等(源泉徴収票/給与支払報告書)電子提出義務化について考える

今回の2021年1月提出分から、電子提出の対象企業が拡大になっています。明らかに対象企業になっている給与担当者はよくご存知と思われますが、法定調書の提出枚数が、以前の1000枚から一気に引き下げられて、提出枚数が100枚を超える企業も、e-Tax、eL-TAXを利用するか、光ディスク等を利用して電子提出する必要があります。

記事を見る

catch-img

令和3年は2月1日(月)まで!償却資産の申告に必要な書類や対象資産は?

土地や建物、機械装置や器具備品に関しては、税金「固定資産税」が発生します。 特に、固定資産の中でも土地や建物以外の器具備品は「償却資産」と呼ばれ、 1月1日時点で所有している場合、同年の1月31日までに申告書提出の義務が発生します。 1月31日が土日の場合は翌週に繰り越されるため、令和3年は2月1日(月)が締切となります。 必要な提出書類や対象となる資産について確認していきましょう。

記事を見る



catch-img

従業員との年末調整申告書類のやりとり

今年も年末調整の時期がやって参りました。給与事務担当者にとって、とても忙しい時期に差し掛かり、大変な心中をお察しします。 令和2年の年末調整申告書類は一部が変更となり、 (1)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 (2)給与所得者の保険料控除申告書 (3)給与所得者の基礎控除申告書(兼)給与所得者の配偶者控除等申告書(兼)所得金額調整控除申告書(←新設) (4)住宅借入金等特別控除申告書 と申告書の数も多く、どれを誰に配布するのか迷うケースもあるかと思います。

記事を見る


業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。