catch-img

「バックアップ」は万が一の保険です。

バックアップ(backup) とは、コンピュータシステムで主にデータやシステムの状態を複製し、問題発生時の復旧(リストア)に備えることを意味します。


ほとんどの業務ソフトウェアは、業務終了時に「バックアップ」を行うかどうか確認してきます。

また、上記以外でも、どこかのタイミングで「バックアップ」を実行していると思いますが・・・。

その「バックアップ」本当に「バックアップ」ですか?




ある日


ソフトウェアのバージョンアップ作業で、初めてお伺いするお客様先での出来事です。


新しいソフトをインストールし、データをコンバート、お客様といっしょにデータ確認作業をして

問題なし。


最後に

私:「バックアップ」はどこにしますか?

お客様:表示されているところ(初期値でPC内のハードディスク)でいいですよ。

私: ・・・(苦笑)。




バックアップはパソコン本体以外に

PC1台で運用している一般的な業務ソフトウェアの初期設定では、パソコン内のCドライブにバックアップされることが多く見受けられます。


けど、よく考えてみてください。

なんらかの事情で、パソコンのディスクが破損した場合、当然、その「バックアップ」も失うことになります。


業務ソフトウェアに蓄積しているデータは、会社の資産ですし、皆さんの日常の作業、いわば日々の努力の積み重ねともいえます。



「バックアップ」は万が一の保険です。

今の「バックアップ」の指定している保存場所は、どこになっていますか?

今一度ご確認を。








業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。