catch-img

クラウド導入のメリット・デメリット


最近、様々なソフトウェアがクラウド事業に参入をし、多くの企業様がクラウドを導入するケースが増えてきております。今回はクラウドを導入するメリットをご紹介します。


【メリット】

1、 サーバー機・メディアを購入する必要がない

サーバーはネットワーク上に存在し、プログラムはwebからダウンロードが殆どですのでサーバー機やメディアの到着を待つことなく、ID・パスワードを取得するだけで直ぐにでも運用を開始できます。


2、 初期導入費用が安い

一般的に初期費用が安く抑えられていることが多く、月額費用も従量制を選べば利用分のコストのみで済みます。オンプレミスの場合は初期費用が高額になりがちで、企業規模によっては導入を断念するケースもあります。

また、ユーザーが利用した内容やアカウント数に応じて費用が発生する従量課金の料金体系が主流であるため月々の支払料金もお客様の運用方法次第で費用を安く抑えることができます。


3、 社外でも利用が可能

クラウドだと社外に出た場合でもインターネットにさえ繋がっていればデータを閲覧することができるので、移動中の車内や出張先のホテルなどで時間を無駄にすることがなく自分の仕事をすることができます。クラウドサービスの多くはスマートフォン用のモバイルUIも用意しているので、パソコンやスマートフォンといったデバイスを気にすることなく、気軽にシステムを使用できる点も便利です。

データはサーバー上で管理されていますので、複数の端末で同じデータを作業するケースでも各自、同期作業を行う必要はなく、素早くデータ共有することができます。


4、 サーバーメンテナンスが容易

オンプレミスでは自社でサーバーメンテナンスを行っていたと思いますが、クラウドだと他社のサーバーを使用することになるので自社でのメンテナンス費用・時間が削減されます

また、新たに利用者を増やしたりする場合も利用人数の上限を増やすようにメーカーに依頼をするだけでこちら側でサーバーに手を加える必要はありません。


5、 データ損失の心配がほぼ無くなる

通常なら、データ保全のため、バックアップ機器を用意して、毎日バックアップを取得しなければ、万が一のハードウェアトラブルに備えることが出来ません。

しかし、クラウドであれば、自動的にバックアップを取得しており、仮に端末が破損したとしても、クラウド上に残っているデータから事業を継続することが可能です。


【デメリット】


1、容易にカスタマイズができなくなる

オンプレミスはすべてを自社で構築しますが、クラウドサーバは事業者が提供するサービスに依存するため、カスタマイズできる範囲は限定されます。


2、オンライン環境が必須である

オンプレミスの場合はオフライン状態でも快適にソフトをお使い頂けたかと思いますが

クラウドだとだとインターネットに繋がっていなければデータを閲覧することができなくなるため通信環境が悪い場所での作業というのは難しくなってしまいます



以上のメリット・デメリットを紹介させていただきました。これを機にソフトのバージョンアップ・新規システムの導入をご検討させている方は、クラウドのメリット・デメリットを比較しながら検討されてみてはいかかでしょうか。

業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。