catch-img

Web会議のメリット・デメリットを考える

テレワークを利用するにおいて必要不可欠なWeb会議ツール。
通信環境が整えば、距離を問わずにミーティングが行えます。
すでに導入している方は、メリットやデメリットがよく見えてきたのではないでしょうか。

導入を検討している方も、メリットだけでなく、デメリットもしっかり理解してうまく活用する方法を考えてみましょう。


メリット

・場所を問わずに話せるため、移動時間や費用を考えなくて良い
・在宅勤務等、柔軟な働き方ができる
・インターネット環境とカメラやマイクがあれば良く、TV会議のような専用機器や端末が必要ない


デメリット

・通信環境に左右され、接続や音声トラブルが起こることがある
・画面を介しての会話のため、雰囲気を感じにくい
・成果や進捗を積極的にアウトプットしないと、誰が何をしているのか見えづらい


気になるコミュニケーション頻度

Web会議で顔を見ながら話せることは大きなメリットですが、
会話は相手のちょっとした表情の変化や行動があってこそ弾むことも多く、画面を介すとそういった雰囲気を感じにくい点があります。
職場では同じ空間に集まっているので自然と生まれる会話もありますが、
Web会議は回線を繋いで会話している時以外は、相手の様子が分からず状況の把握もしづらいため、お互いがコミュニケーションを意識的に増やしていく必要があります。

1日の中で何度かWeb会議時間を設けて状況報告を行ったり、
ちょっとした雑談や呟きであれば、チャットツールを用いても良いかもしれません。



Web会議ツールを検討または導入されている方、テレワークにおいても社内の気軽なやり取りを実現するために、自分達なりのコミュニケーションを円滑に行うルールを考えてみてはいかがでしょうか。

また弊社では、テレワークに便利なクラウドの業務ソフトも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。