catch-img

「Office 365」と「Office 2019」の違い

Windows 7は2020年1月14日にサポートが終了します。

既にパソコンの買い替えをされた方、もしくはまだ検討中という方もいらっしゃるでしょうか。

「Office 2010」も2020年10月にサポート終了が決まっています。

サポート終了に先立ち、日本マイクロソフトは2020年1月22日に「Office 2019」を発売する予定です。

そこで、今回は「Office 365」と「Office 2019」の違いについてお伝えしようと思います。


永続ライセンスで提供される「Office 2019」に対して、「Office 365」は  サブスクリプションという形態で提供されています。




「Office 365」では

●いつでもどこでも同じ環境で作業が出来る

事務所はもちろん自宅やカフェ、出張先どこからでもデータにアクセス。          PC、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスからデータにアクセス可能

●低コスト・初期投資、運用費大幅カット

社内設置型サーバー(オンプレミス)とは違いクラウドのサービスだから初期投資が不要。   だから大幅なコストカットが実現。

●共同作業ができる

サーバー上にあるOfficeファイルを複数のユーザーが同時に編集可

●管理の手間が減る

サーバー側のメンテナンスが不要。定期的に自動バックアップが行われるクラウドサービス。  アップデートも自動なので管理の時間も大幅削減。



「Office 365」と「Office 2019」の比較






「Office 365」と「Office 2019」、どちらを選択するかは環境によって異なります。

今回お伝えしきれなかったそれぞれのメリット・違い・各種プランなどたくさんありますので、 お気軽にご相談ください。



業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。