catch-img

【重要】弥生会計・弥生販売をご利用の方々へ 消費税増税、Windows7サポート終了に伴い必要となる対応

​​​​​​​


随分古い『弥生シリーズ』を使ってます・・・

というお客様、極端に古い弥生シリーズは、小売店やネットで販売されている最新版の弥生製品を購入されても、過去利用されていたデータをそのまま移行(データリカバリ)出来ないとがあります。


たとえば・・・

『弥生販売 19』へコンバートを行えるのは、『弥生販売 12』以降の製品です。 
『弥生販売 11』以前の製品をお使いの場合は、『弥生販売 19』でデータの新規作成を行ってください。とメーカーサイトにはありますが、

実は

複数段階でデータを移行すれば、最新版である『弥生販売 19』へのデータ移行は実現可能!

複数段階でのデータ移行については、弥生塾認定会社(※1)へお問い合わせください。

 ※1・・・弥生株式会社では、高い製品知識や提案能力を有する企業と認定パートナー制度を設けて弥生塾認定会社としてパートナーシップを結んでおります。

弥生旧製品からのデータコンバートをはじめ、製品の購入にまつわる導入相談やトレーニングサービス、自社に合ったシステム開発や弥生連動製品については、弥生塾認定会社である(株)ナイスリフォーム システムサポート&サービス事業部にお任せください。



弥生データコンバートサービスについて

弥生のデータコンバートサービスとは、弥生製品の最新版への移行およびパソコン入替にともない発生するデータ移行作業をお客さまに代わって弥生塾認定会社が行う有償サービスです。


データコンバートサービスでは、お客さまが移行を希望するデータの量に応じて価格を設定させていただいております。価格については、下記の【データコンバートサービス価格例】を参考にしてください。


なお、弥生販売は作業内容に応じて価格が変動しますので直接弥生塾認定会社(データコンバートサービス会社)へご確認ください。

※ データが破損している場合はコンバート作業が行えない場合がございます。

※ ソフトのインストール費用や操作指導費用については別途弥生塾価格に基づいた費用が発生いたします。



【データコンバートサービス価格例】

【 弥生塾+データコンバートサービス導入事例①(ソフトウェアは除く)】※ 税抜表示

旧製品から最新版へデータ移行の場合

弥生アプリケーション(弥生会計のインストール費用)30,000円

オプションコース⑤(データコンバート費用)50,000円 ※1 

合計 80,000円

  ※1価格は1~3領域、バックアップファイル100MBまでの価格帯で算出しております。

  ※ お客さま住所により別途出張交通費が発生する場合があります。


【 弥生塾+データコンバートサービス導入事例②(ソフトウェアは除く) 】※ 税抜表示

プロフェッショナルからプロフェッショナル2ユーザーへアップグレード

の場合※1

SQL Server Express(弥生会計のインストール費用)50,000円

ネットワークプリンタ1台(プリンタのセットアップ)10,000円 ※2

オプションコース③×2 60,000円 ※3

 合計 120,000円

  ※1 アップグレードの際には事前にユーザー登録が必須となります。

  ※2 利用するプリンタ台数分が必要となります。

  ※3 価格は1~3領域、バックアップファイル100MBまでの価格帯で算出しております

  ※4  お客さま住所により別途出張交通費が発生する場合があります。

業務ソフトでお困りなら ナイスリフォームにお任せ下さい!

業務ソフトの専門家が
お客様の必要とするサービスを提案・提供致します。